• このエントリーをはてなブックマークに追加

特別支給の老齢厚生年金 年金請求書の必要書類と書き方 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別支給の老齢厚生年金の請求の際必要な書類

PAK85_kumorisorasan20140720084335500

あくまで一人一人状況が違うので、それぞれ必要書類は異なりますが、

私の場合は、

  • 厚生年金に20年以上加入
  • 国民年金にも加入期間がある
  • 夫は20年以上厚生年金に加入
  • 他の年金は何ももらったことがない
  • 雇用保険に2年前まで入っていた
  • 雇用保険からは60歳から65歳の間何も給付を受けない
  • 子供は独立していない

だいたいこんな状況です。

私が用意したものは

  • 住民票
  • 戸籍謄本(家族全員記載)
  • 夫の所得証明書
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 預金通帳

です。

住民票は住民票コードが入ったものが必要です。私は、自動の住民票を取得する機械でとってしまったため、住民票コードが入っていませんでした。

ちょうど夫が住民票コード入りの住民票を取得していたので、それをコピーさせてもらい、自分の住民票コード無しの原本と、夫の住民票コード入りのコピーの2通で大丈夫と確認してもらいました。

住民票をもらう時は、気をつけてくださいね。

私は20年以上厚生年金に入っていたので、夫の所得証明が必要でした。

私の夫は20年以上厚生年金に入っているので、私の所得証明が必要です。夫はまちがって、自分の所得証明をとってきてしまっていましたが、自分のではなく、配偶者の所得証明が必要です。

とってもまぎらわしいです。20年以上厚生年金に入っているか、いないかで変わってくるようです。

夫も私も間違いだらけでした。

また、会社を辞めてから2年経っているので、雇用保険被保険者証と言われて、ちょっとあせりましたね。まさか年金の請求に必要とは思いもよりませんでしたから。雇用保険の被保険者でなくなってから7年以上経っていれば不要です。

きちんとアドバイスしてくれる方がいると本当に助かります…

年金請求書の記入例

あくまで私の場合ですが

1ページ目

1p

色のついているところに記入をしていきます。

私は年金手帳が2冊になっていて、よく見ると違う番号がついていたので、もう一つの番号を記入しました。

住民票コードを記入します。

3ページ

3p

 

自分が加入していた年金に○をつけ、年金を支払った期間、会社が合っているか確認します。

合っていない場合は、記入していきますが、中にはぎっしりと追加記入する方もいるそうです。

6ページ

6p

 

年金は今まで何ももらっていないので、「受けていない」を選びます。

雇用保険に加入したことのある人、7年以上経過していない人は雇用保険被保険者番号を記入します。

8ページ

8p

 

年金の受取口座を記入

金融機関に確認してもらう必要があります

10ページ

10p

配偶者の名前を記入

配偶者の基礎年金番号を記入しなくてはなりません。

配偶者は年金を受けているか、請求中かを記入。夫はもたもたしていて、請求書をださなくてはならないのに、何もやっていないので、いずれも受けていない を選びました。

早く手続きしてほしいんだけど!

12ページ

12p

 

生計維持関係について、子供は独立していないので、夫の収入が850万円未満かを選びます

14ページ

14p

 

自分の名前、住所、基礎年金番号などを記入し、押印

扶養親族はいないので、下は未記入

以上です

これもすんなり記入できたわけではなく、郵便局の方に教えていただいて、無事完成できました。

本当に助かりました\(^o^)/

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です