• このエントリーをはてなブックマークに追加

くるみのアンチエイジング効果の素晴らしさ~αリノレン酸に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kurumi

今年、私の新しい習慣になったのが、きな粉を食べること…

こちらの記事⇒

きな粉はお値段も安く毎日摂りやすい食材。牛乳に溶かし、ヨーグルトに混ぜてきな粉を食べていたので、便秘も解消されました。
そして、来年の新しい習慣にしたいと思っているのが、くるみ!

「くるみ」には素晴らしい若返り効果があることを知っていましたか?
そう、美味しくて可愛いくるみにはアンチエイジング効果があるのです!

くるみのアンチエイジング効果~血管の老化を防止

くるみの一番のアンチエイジング効果として、血管の老化を緩和する働きがあります。この血管の老化は悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と活性酸素が最大の要因になっています。

なぜくるみが血管の老化を防ぐのかというと、くるみにはこの悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという効果があるαリノレン酸が多量に含まれているからなのです。
αリノレン酸の作用はそれだけではありません。αリノレン酸は体内でオメガ3脂肪酸に変換され、このオメガ3脂肪酸が持っている「中性脂肪を減らす」「血栓をできにくくする」「脳や網膜の神経伝達をスムーズにする」といった作用によって、血液がサラサラになり、動脈硬化を抑制してくれます。

さらにくるみはビタミンEやポリフェノール類、カロテノイド類といった活性酸素を除去する作用を持つ抗酸化成分を多く含んでいるのです。
つまりダブルの効果で血管の老化を防止してくれるのですね。素晴らしいです。

くるみの血管年齢の若返りの実例

kurumi

このくるみの血管の老化を防ぐ効果は、芸能界でくるみ好きと言われている人たちの血管年齢を調べてみた結果からも明らかです。以下の3人の検査結果を見てみましょう。

実年齢63歳→血管年齢58歳
10年ほどくるみを1日2,3個食べているそうです。

実年齢66歳→血管年齢55歳
20年ほどくるみを1日2,3個食べているそうです。

実年齢44歳→血管年齢20歳
40年ほどくるみを1日5個程度食べているそうです。

これらの結果から、くるみは本当に血管年齢を若くすることが分かりますね。

くるみとお肌の若返り

さらに、くるみのαリノレン酸は、女性ホルモンのバランスを整えることに対して効果的と言われています。

これによって女性ホルモンのバランスが整うことで、お肌のコラーゲン・ヒアルロン酸が活発に生成されるのです。

そしてシワやたるみが防止され、エイジングケア・美肌効果が期待でき、お肌の若返りに繋がるのです。

αリノレン酸の効果はまだまだあります。

αリノレン酸は細胞を作る材料の一つであり、摂取すると細胞が強くてしなやかになるのです。そうすることで細胞は若返り、お肌にも反映されることで美肌効果が生まれます。

くるみの効果的な摂り方

それでは実際にくるみを効率良く摂るにはどうしたらいいのでしょう?

くるみはαリノレン酸といった良い脂肪を多く含みますが、他の脂肪分も多く含まれており、摂り過ぎるとNGです。ではベストな量はどれくらいかというと、1日25 gがちょうど良いのです。これは片手に乗るくらいの量だと覚えておきましょう。

くるみを選ぶ時のポイント

kurumiwari

ここまででくるみの良さとより良い摂り方が分かりましたね。次はくるみの選び方について述べます。

市販のくるみには種類があり、まず、殻つきと殻なしがあります。

初心者の方は殻なしがおすすめです。なぜなら殻を砕く手間のために道具や力が必要になるからです。

なので手軽にくるみを摂りたい方は殻なしくるみを選びましょう。

さらに殻なしくるみの場合「塩分不使用(無添加)」か「油不使用・ノンフライ」のものを選びましょう。

なぜなら塩分が含まれているものだと塩分を摂りすぎてしまうことがあるからです。
そして油でコーティング・揚げているものは余分な油分を含んでおり、ニキビなどの肌トラブルを起こす要因となるため、避けるようにしましょう。

また、殻つきくるみは手間がかかるものの、酸化しておらず、より新鮮な状態で栄養価もそのまま摂り入れることができるので、くるみの殻を取るのに慣れている方や、添加物の無い新鮮なくるみを食べたい方におすすめです。

 

いかがでしたか?よく知られている木の実であるくるみは豊富なαリノレン酸といった成分を含み、アンチエイジングに大いに役立つことが分かりましたか?
食べる量を適度に守って、血管年齢を若々しく保ちましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です