• このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県山武市成東の格安酵素風呂 一日でも入っていられるってうれしい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0100

 山武市成東の格安酵素風呂

私がよく行く酵素風呂、千葉県山武市成東にある酵素風呂です。

酵素風呂って、入会金がとられたり、20分って時間が決まっていたりするものですが、ここの酵素風呂は、何時間でも、一日でも入っていていいんですよ。

時間を気にせずに寝ていられるので、ゆっくりと過ごすことができます。

 

場所は、国道126号と旧道が交わるあたり。

いちごを販売している大久保いちご園の酵素風呂です。

この看板が目印。

DSC_0095

大久保さんは有機栽培の研究もされていて、炭素循環農法という健康な土壌で育てたイチゴ園です。

ちょっと他のイチゴ園の味と違う味。おいしい!

お風呂と一緒に、イチゴも味わってみて下さいね。

 

でも、お風呂って一体どこにあるのって、皆さん迷うようです。

DSC_0098

辺りを見回すと、旧道沿いの方にこんな門があります。

酵素風呂という看板が下に置いてあります。

この門を通って、左に行くと、古民家のような建物がありますよ。

勝手に入っていいですから、ドアを開けてみて下さい。

もし誰もいなければ、ここに電話してください という携帯番号が書いてありますから、電話をしてしばらく待ってくださいね。

イチゴ園をしていたり、畑をしているので、いない時もあります。

古民家の中は天井が高く、こんな観音様が置いてあったりします。これは大工さんが彫ったものだそうです。

DSC_0103

時々、お米や手作りジャム、ネギ、手作り味噌などを販売していたりします。

酵素風呂は混浴ですよ。服を着て入るので、ご夫婦、彼と彼女、お友達同士、並んで寝て入ることができます♪

シャワーがありますから、安心してください!

こんな感じ!

DSC_0102-crop

 

着て入る服は、フード付きの古い上着などと古いズボンがあればそれを持参してもいいですが、500円で紙製のつなぎを売っているので、それを購入できます。紙と言っても、丈夫なので何回も使用できます。

私たちは最初はそれを使っていましたが、作業着屋さんで布製のつなぎを購入しちゃいました!

酵素風呂に行く時の持ち物

  • あればフード付き上下
  • パンツ
  • 紙製のつなぎを購入するならその下に着るTシャツやズボン(ぼろいのでいい・短パンでもいい)
  • シャワーを浴びた後の化粧道具(必要な人)
  • 水分補給のペットボトル
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 汚れたものを入れる大き目のビニール袋

シャワーを浴びる時は、酵素が落ちてしまうからと思って石鹸は使わないですが、石鹸やシャンプーを使いたい人は持参した方がいいです。

酵素風呂の入り方

スタッフが入るための穴を掘ってくれます。

そこに横たわると、体が温かくつつまれます。時には熱く感じることもあるかもしれません。

じっとしているのがつらくなったら、手をだしたり、足をだしたり、膝をたてたり、横を向いたり、自由に動いてオッケーです。

でも、背中は動かさず、つけたままにしておいた方がいいと思いますよ。

背中は砂につけていればずっと暖かいのですが、離してしまうと冷えてしまうかもしれない。

だんだんとちょうどいい暖かさになり、この頃から眠れることが多いです。

もっと効果的にするには、深~い腹式呼吸をしてみたりするのもいいかも…

それから、もう酵素風呂を出る時に、うつ伏せになって、顔の下あたりに自分で穴を掘ると湯気のようなものがでてきます。それを顔に当てると、美肌効果があるそうです。

酵素風呂に入ると

酵素風呂に入った後は、体が軽くなります。

手はすべすべですよ。。

大久保さんの酵素風呂は安くてゆっくり時間を気にせずに入れるので、体に湿疹ができて困っている人や、体調の悪い方が、東京、埼玉や横浜方面からも通ってこられています。

 

高級なイメージはまったくないので、そういうことを求める人にはおすすめできませんが、気楽に酵素風呂の良さを楽しむには安くておすすめです。

酵素風呂に入るとどうなるかは、実際に行ってみて試されるといいと思いますよ。

1回1000円(税込)、何時間でも一日1000円です。

 

 

千葉県山武市早船1365

定休日 水曜

126号沿いにこの看板があります。

 

DSC_0095

この看板の横の駐車場に車を留めて、

旧道沿いに酵素風呂があります。

気軽に行ってみて下さいね。。

【地図】

大きな地図で見る

体の中へも酵素を取り込むとよりいっそう効果的!

三浦りさ子愛用バナー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です