• このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校3年生の女の子の誕生日のプレゼントはがばいばあちゃんの絵本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

simadayousiti

小学校3年生になった女の子の孫が9歳のお誕生日を迎えました。

このくらいの子って、お肌がつるつるだよねえ。

うらやましい…

なんとなく、浅田真央ちゃんに似ている子

 

この前、フラフープをねだられて、買ってあげていたので、お誕生日は本を買ってあげることにしました。

 

島田洋七さんが『徹子の部屋』に出演していたときに話していて気になっていたがばいばあちゃんの本です。

 

島田洋七さんは、小学校2年生の頃、佐賀の祖母へ預けられる。その祖母ががばいばあちゃんで、祖母との生活を描いた本『佐賀のがばいばあちゃん』がベストセラーになり、映画にもなっている。

洋七さんは、高校に入るときに、野球が上手だったこともあり、広島の名門広陵高校に入学、広島へ戻ることになる。

 

プレゼントにあげたのは、『毎日楽しくてしょうがなか!がばいばあちゃんが教えてくれたこと』 島田洋七著 はたこうしろうさん絵

「がばい」って「すごい」ってことなんですね。

 

絵本だけれど、大人にもおすすめって書いてあったので、小学生でもいいかなと…

 

楽天ブックスで注文

早いですねえ、翌日には届いて、誕生日に間に合いました

rakuten

 

 

カラーのページがあったり

color

 

 

モノクロのページがあったり、

sirokuro

 

漫画のようなページがあったり、

manga

 

ふりがなもふられていて、

furigana

 

飽きずに読めると思いますよ

 

夏休みの宿題に、読書感想文があるそうなので、「これで書こうかな」 って言ってました。

喜んでもらえたようで、よかったで~す(*^_^*)

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です